上手く使う

なぜ補聴器は早めにつけるのがいいの?補聴器を早期につける理由

皆様こんにちは、補聴器営業マンのイス(@isu_usi_isu)です

「補聴器はどれくらいからつけるの?」

初めて来店されたお客様の多くの方がこの質問をされます

結論から言うと

「聞きにくいな」と感じた時がつけ始める時です

ですが多くの方が「もっと聞こえが悪くなってからではダメなの?」とご質問される方がいます。

今回は「なぜ補聴器は早期装用が良いのか」のお話です

この記事を読んでほしい人
  • 補聴器装用を悩んでいる方
  • 最近少し聞きにくいなと感じている方
  • 家族に補聴器をつけてほしいと感じている方

補聴器装用の効果が出やすい

難聴の程度が軽い内は、内耳の中にある「有毛細胞」へのダメージが少ないです

有毛細胞のダメージが少ないと、騒音の中や多人数の会話での聞き取り能力の低下が比較的少ないです。その状態であれば補聴器の効果が期待できます

逆に難聴の程度が重いと、有毛細胞へのダメージが大きいので難聴の程度が軽い場合より、騒音下などでの聞き取りのチカラが低下しているので、補聴器をつけても

音は聞こえるけど、言葉を判断することが少し難しくなるので補聴器の効果としては小さくなります。

言葉の聞き取る能力の維持

音は脳で聞きます。

耳自体は音を伝達する器官で音や言葉を認識するのは「脳」が行っています

難聴を補聴器を装用しないで放っておくと、脳への音の刺激が少なくなるので元々持っている言葉を聞き取るチカラが低下してしまう可能性があります

補聴器を装用することで、言葉を聞き取る能力の低下を予防することができます。音の刺激を「脳」に届けるために補聴器はなるべく早くつけることをお勧めします

最近で補聴器を装用して音の刺激を脳に伝えることで「認知症になりにくい」ともいわれています

補聴器の音に慣れるのが早く安心感を保つ

難聴の程度が進んでいくと周りの音(生活音)がだんだん聞こえにくくなってきます

周りの生活音がほとんど聞こえない状態から補聴器をつけると、今まで聞こえない音が聞こえるようになるので不快感をもつことが多いです

生活音が聞こえない状態が続くと心理的ダメージが多くなり、いざ補聴器をつけた時に友人や家族との会話への参加が消極的になりやすいです

「せっかく補聴器をつけて聞こえるようになったのに本人は聞こえない方が楽だから補聴器を外してしまう」

ということになってしまうかもしれません

安心感を保つために早めの補聴器装用をおススメします!

補聴器早期装用の理由まとめ

加齢による難聴はだんだん聞こえにくくなるので本人は気づきにくいです

家族や友人の方が気づいてあげて「最近少し聞きにくいな・・・」と感じたらお近くの耳鼻科で聴こえの検査(聴力検査)を受診してください

聞きにくさを自覚していても補聴器を拒否する方も多くいらっしゃいます。耳鼻科に行き補聴器専門店でお話しだけでも聞いてみてください

気持ちが変わるかもしれません。

ABOUT ME
アバター
イス
補聴器営業マンをしています、イスと申します 補聴器のことをもっともっと皆さんに知ってもらい、ズバらしい補聴器ライフを 当ブログを通じて補聴器をもっと身近にし、聞こえのお手伝いを
こちらの記事もおすすめ!