難聴について

わかりやすくご説明!難聴の種類「感音性難聴」

みなさまこんにちは、補聴器営業マンのイスです

難聴の種類は大きく分けて3タイプあります

「伝音性難聴(でんおんせいなんちょう)」

「感音性難聴(かんおんせいなんちょう)」

「混合性難聴(こんごうせいなんちょう)」

どの難聴にも特徴があります

今回は3つの難聴の種類の1つ「感音性難聴(かんおんせいなんちょう)」のお話です

感音性難聴

感音性難聴とは内耳~聴神経のどこかに何かしらの障害があると発生する難聴です

内耳〜聴神経を「感音器」といい、音を感じる部分に何か障害があると「感音性難聴」となります

上の写真を見る通り「感音器」というのは、蝸牛(かぎゅう)から蝸牛神経(かぎゅうしんけい)などをいいます

感音性難聴の聴こえの特徴

感音器には「音を感知する役割」と「脳へ音を伝達する役割」の2つの役割があり、

「音を感知する事」と「脳へ音を伝達する事」この2つのどちらか一方にでも問題が起きると感音性難聴になり

言葉の聞取りが悪くなってしまいます

感音性難聴になるとなぜ言葉の聞き取りが悪くなるの?

感音性難聴になると子音の聞き取りが悪くなります

子音の聞き取りが悪いってどういうこと?

子音の聞き取りが悪くなると言葉自体の聞き取りも悪くなります

例えば「か」という言葉は、「k」という子音と「a」という母音が合わさって「か(ka)」になっています

「か」の子音が聞き取れないと「a」だけになるので「か」が「あ」に聞こえてしまうのです

「さかな」という単語が「あああ」と聞こえてしまうということです

伝音性難聴の場合は補聴器などで音を大きくすれば聞こえると実感できるのですが、

感音性難聴の場合は補聴器で単純に音を大きくするだけではうまくいきません

音の周波数ごとに子音の場所は変わってきます

「スピーチバナナ」

というグラフがあります

言葉はいろんな周波数に属していますので、周波数ごとの調整が必要になります

先ほども言いましたが、感音性難聴は単純に音を大きくするだけではうまくいきません

周波数ごとの調整、大きな音小さな音などの調整、雑音抑制などの調整、

などさまざまです

伝音性難聴の場合は集音器でもよいのですが、感音性難聴の場合は補聴器でないとうまくいかないことが多いです

感音性難聴の原因

感音性難聴の原因は、治療が難しかったり治療そのものが不可能な場合もあります

感音性難聴の原因は「先天性(せんてんせい)」「後天性(こうてんせい)」のものがあります

先天性の原因

遺伝的要因
遺伝的要因とは南朝が遺伝で発症する場合のことをいいます。この遺伝的難聴は子供の難聴の約3分の1を占めているとされています。

難聴に関係がある遺伝子はとても多く、何百もあるといわれています

妊娠中のウィルス感染
妊娠中にお母さんが風疹などのウィルスに感染したことにより、生まれてくる子供が難聴になる場合があります

スポンサーリンク




後天性の原因

突発性難聴
ある日突然耳が聞こえなくなるのが突発性難聴です。原因がはっきりと特定されていません

老人性難聴
人間の耳の中にある蝸牛(かぎゅう)という部分にある有毛細胞(ゆうもうさいぼう)は音を聞いているとどんどん減っていき聴力が下がる難聴です
65歳以上では3人に1人が加齢による難聴と言われています

高い音から減っていき、聞こえの下がり方も緩やかです。本人より周りの家族が先に聞こえの変化に気づくことが多いです。

メニエール病
内耳にある前庭器官という部分が原因で発症する病気です。メニエール病の大きな特徴は「めまい」ですが、感音性難聴と伴う場合もあります

髄膜炎
脳などの覆っている膜に細菌やウイルスに感染して炎症を起こす、生命に危険がある病気です。髄膜炎が回復後後遺症の1つとして感音性難聴になることがあります

騒音性難聴
コンサートなどで大きな音を突然聞いたり、工場などの仕事で大きな音をしている環境で過ごすことで、内耳の細胞が壊れてなる難聴です

最近ではヘッドフォンやイヤホンなどで音楽を大きな音で聞いていてなる「ヘッドホン難聴」もこれに該当します

聴神経腫瘍
聴こえの神経である「聴神経」に腫瘍ができることで発症する病気です
聴神経に腫瘍ができると内耳からの音を脳へ伝えることができなくなります

感音性難聴の治療

感音性難聴の治療は

難しかったり、不可能なこと

が多いです

ですが早期に治療したり予防したりできるものもあります

早期治療が必要な代表的な原因が「突発性難聴」です

突発性難聴は発生から48時間以内、遅くても2週間以内には医師の治療を受けないと治療の効果が低下するといわれています

予防できるものは「騒音性難聴」や「ヘッドホン難聴」です

大きな音がする工場で働いているかたは、耳栓をできるだけ装着して仕事をする

ヘッドホンやイヤホンで音楽を聴くときはあまり大きな音にしない

この予防はとても重要です

感音性難聴の多くは治療が難しいです

予防できるものはしっかり予防してください

加齢での難聴や先天性の難聴など治療が難しい時は補聴器を考えてみてください

補聴器を購入する上で大切なことは3つという記事を書いていますので参考までに読んでみてください

まとめ

皆様いかがでしたか?

感音性難聴は内耳の細胞がウイルスなどの感染で何かしらのダメージを受けることで起こります

感音性難聴は言葉の聞き取りが悪くなり、人と会話することが少なくなってしまいます

会話が減り、コミュニケーションが減り、孤独感を感じてしまうようになってしまいます
このようになってしまうと「認知症」や「うつ」の危険因子になってしまいます

人とのコミュニケーションをしっかりとっていくためにも「聞こえのチェック」をしてみてください

少しでも聞こえが悪いと思ったら補聴器店にいくのではなく、ぜひ耳鼻科にて受診してください

私からのお願いです!

ABOUT ME
イス
補聴器営業マンをしています、イスと申します 補聴器のことをもっともっと皆さんに知ってもらい、ズバらしい補聴器ライフを 当ブログを通じて補聴器をもっと身近にし、聞こえのお手伝いを
こちらの記事もおすすめ!