糖質オフダイエット

楽して痩せたい糖質オフダイエット10日目!辛口の白ワインはやせる!

皆さんこんにちは、補聴器営業マンのイス(@isu_usi_isu)です

糖質オフダイエットも10日目になりました

テレビのCMやスーパーのお酒売り場で

「糖質オフビール」

という言葉を聞いたり、見たことある人は多いと思います

仕事終わりや、お風呂上がりのビールは確かにウマいです!

私も大好きです

居酒屋などでも「とりあえずビール!」をする人間です(笑)

ですがその仕事終わりのビールを別のお酒に変えるだけで糖質の摂取量はたちまち減少します

今日はそんな糖質オフダイエットのお酒のお話しです

この記事の内容はすべて「医者が教える食事術」の本に書かれています

この記事の目次(タップして読みたいところへ)

辛口の白ワインはやせる


冒頭でも言いましたが「とりあえずビール!」を「とりあえず白ワイン」に変えてみてください

私もはじめはビールが飲みたくなりますが、最初の一杯を飲んでしまえばどうってことないです(笑)

アメリカの論文に
・パンだけを食べた場合
・ビールだけを飲んだ場合
・ワインだけを飲んだ場合
・ジンだけを飲んだ場合

それぞれの血糖値とインスリン量の変化が報告されています

このブログの糖質オフダイエットの記事をいくつか読んだことある方なら結果はもうおわかりですね?

一番血糖値が上がったのはやはり「パンだけを食べていた場合」です

次に多かったのが「ビールだけを飲んだ場合」、ついで「ジンだけを飲んだ場合」「ワインだけを飲んだ場合」の順です

この実験は血糖値の順位も大事なのですが、それ以上に大事なのが血糖値の数値です

血糖値の最高値は「パンだけを食べて場合」で約144mg/dlなのですが、この値になったのはパンを食べて約45分後です

30分後の時の値は「ビールを飲んだ時」と「パンを食べた時」では約126mg/dlで同じなんです

15分後にいたってはパンだけの場合よりビールだけの場合の方が血糖値は大きいのです

それに対して「ワインだけを飲んだ場合」と「ジンだけを飲んだ場合」は少しは血糖値が上がるのですが、ほんの少しです

食べる前とほぼ変わりません

この結果からワインやジン(ウィスキーや焼酎といった蒸留酒は動揺と考えてよい)を飲むことで
かえって太りにくいんです

ワインは特に白が痩せるという報告が2004年にドイツでなされています

夕食時に飲むと翌朝の血糖値がかなり低くなっているんです

夕食時に白ワインを飲むと血糖値がかなり低くなっているということは「医者が教える食事術」の著者の牧田善二先生が実感しています

夕食時に白ワインを飲む場合にポイントが1つだけあります

白ワインはあくまで辛口で

この記事のタイトルにもありますが、辛口の白ワインが痩せるんです

白ワインには糖質の多い甘いタイプもありますが、あくまで辛口です!

今日の夜ご飯

今日は嫁の妹ちゃんが圧力鍋で作ったシチューが食べたいとリクエストがありましたので
「シチュー」
です

全く糖質オフになっていませんのでご紹介は「シチューを食べたよ」とだけお伝え致します

さいごに

それでは最後にお待ちかね?の体重公開です

なかなか効果が出ずに信憑性がなくすいません・・・

牧田先生にごめんなさい・・・

がんばります!!!!

皆様健闘をお祈りください

ABOUT ME
イス
補聴器営業マンをしています、イスと申します 補聴器のことをもっともっと皆さんに知ってもらい、ズバらしい補聴器ライフを 当ブログを通じて補聴器をもっと身近にし、聞こえのお手伝いを
こちらの記事もおすすめ!