上手く使う

補聴器を装用しながら固定電話や携帯電話を上手に使う方法は簡単です!

「補聴器しながら電話はできるの?」

このようなお言葉をよくお聞きしますので今日は補聴器をしながら固定電話をうまく聞き取るやり方のお話です

この記事の内容
  • 補聴器をしながら固定電話を上手に使う方法

補聴器をしながら固定電話を聞きとるには?

結論から言うとと補聴器をしながらの固定電話は少しコツがいりますがちゃんとできます!

コツといっても簡単です!

  • 補聴器のマイクの位置に受話器の声が聞こえる部分を近づけてあげる!

「耳穴型」「耳掛け型」でマイクの位置が違いますので別々にご説明します

耳穴型で電話をうまく聞きとるには?

耳穴型補聴器で電話を聞き取るのはほとんどコツがいりません

耳の穴にすっぽり入ってしまうのが耳穴型なので、補聴器のマイクが自分の耳の穴の位置にあります

【補聴器装用前】        【補聴器装用後】

 

補聴器のマイクが自分の耳の穴の位置にあるので、今まで通りのやり方で受話器を耳にあててもらえれば電話を聞き取ることができます

画像は携帯電話ですが固定電話もスマホも耳への当て方は同じです

耳穴型耳掛け方の両方にいえることですが、補聴器をしながら電話をする時、上手に受話器を補聴器のマイクの位置にあてることができても

音が「電話→補聴器」と2回機械を通るのでどうしても音が悪くなってしまいますので注意してください!

耳掛け型で電話をうまく聞き取るには?

耳掛け型は耳穴型よりも少しコツがいります

耳掛け型は補聴器を装用したときマイクの位置が耳の上にあります

マイクの位置が耳の上にあるので、今まで通りの受話器のあてかたでは電話は聞こえません

耳の穴よりも上の位置、補聴器のマイクのある位置に受話器をあてます

さらに補聴器のマイクの位置に受話器をあて、一番よく聞こえる場所を受話器を動かしながら探します

耳穴型よりも少しコツがいります

  • 補聴器のマイクの位置が耳の上なので受話器を耳の上のマイクの位置にあてる
  • 一番よく音が入る場所を受話器を動かして探す

私のお客様で耳掛け型を使用している方の多くはこのやり方で電話を聞き取ることができています

耳穴型の項でも言いましたが、補聴器をしながら電話をする時、上手に受話器を補聴器のマイクの位置にあてることができても

音が「電話→補聴器」と2回機械を通るのでどうしても音が悪くなってしまいますので注意してください!

終わりに:電話は補聴器で聞くにはコツと練習が必要!

補聴器をしながら固定電話を受けると、受話器のあてかたや相手のしゃべり方などいろいろな要素があり、どうしても聞きにくくなってしまいます

さらに何度も言っている通り、「電話→補聴器」と2回機械を通るので音が悪くなってしまうのも原因です

電話をよく使う方は耳掛け型よりも耳穴型のがおすすめです!

電話をあてるときのコツがないので、電話を今まで通り使うことができます

これから補聴器の購入を考えている方はお店の方に

「電話をよく使います」

とお伝えください

そのことも補聴器選定の一つの要素になりますので

ABOUT ME
イス
補聴器営業マンをしています、イスと申します 補聴器のことをもっともっと皆さんに知ってもらい、ズバらしい補聴器ライフを 当ブログを通じて補聴器をもっと身近にし、聞こえのお手伝いを
こちらの記事もおすすめ!