補聴器

メーカー別補聴器紹介「オーティコン」

皆さんこんにちは現役認定補聴器技能者のイス(@isu_usi_isu)です

今回はデンマークに本社があり、様々な「補聴器初」を生み出してきた
オーティコン社のご紹介です

オーティコン社の紹介とオーティコンの補聴器も一緒にご紹介します

それではいってみましょう!

この記事をよんでほしい人
  • 補聴器購入を考えている人
  • 現在補聴器使用中でうまくいっていない人
  • 家族に補聴器の購入を考えている人
  • ブレインヒアリングに興味のある人

補聴器シェア2位ウィリアムデマントグループのオーティコン

オーティコンとはウィリアムデマントグループの中のオーティコンという補聴器のメーカーの事を指します

公式ホームページ
オーティコンホームページ

コンゲハッケン製品開発センターというところがオーティコンの製品開発を支えています

オーティコンはコンゲハッケン製品開発センターに支えられ、全自動機能を持つ補聴器、、業界初のデジタル補聴器、人工知能を備えた初めての補聴器など様々な補聴器を開発してきました

この記事でご紹介する補聴器も他メーカーとは一味違う補聴器をご紹介します

オーティコン社オープンシリーズ

オーティコンの最新の補聴器は

        オープンシリーズ

オープン1プレミアムモデル
オープン2ハイグレードモデル
オープン3スタンダードモデル

価格については後程お話いたします

オープンシリーズの大きな特徴は

  1. 360度の新しい聴こえ
  2. ブレインヒアリング

以上の2つです

特に2番目のブレインヒアリングは今までの補聴器でうまくいかなかった方にはとても効果的ですのでしっかりお読みください

 

 

オープンシリーズの特徴①:360度の新しい聴こえ

360度の聞こえとときくと、それって当たり前のことじゃないの?と思われる人が多いと思います

今までの補聴器は360度の聞こえではなかったのです

今までの補聴器・・・・自分の顔の向きで聞こえる方向が変わる

オープンシリーズ・・・自分の顔の向きに関係なく360度音が聞こえる

文字で説明するといまいち伝わりにくいので画像で説明します

今までの補聴器

今までの補聴器はレストランなどの騒がしいところでは正面の相手の声を聞き取るために
周りの雑音を抑えます。

人の声やグラス音などが関係なく抑えられた補聴器の音は、どうしても違和感な音になってしまいます

オープンシリーズの360度の聞こえ

オープンシリーズは周りの音が声なのか、不要なノイズなのかを瞬間的に判断し不要なノイズだけ抑えるので
より自然な360度の聞こえになるのです

聞こえが下がる前の自然な聞こえにかあり近づき、装用者が聞きたい音に耳を傾けることができるんです

オープンシリーズ特徴②:ブレインヒアリング


補聴器を装用していて疲れることよくありますよね?

補聴器をつけることで脳が疲れるので、疲れたと感じてしまうのです

それを改善したのがオープンシリーズ

人間はだれしもで音を聞いています

360度の聞こえにより声を聴くための労力が抑えられるので1日装用していても疲れにくいのです

さらにオープンの調整ソフトは各国の言語の音域の特徴に合わせて調整が変えることができます

日本語は日本語、英語は英語でよく使われる音域の特徴を捉え、脳の負担を減らします

ちなみに日本語は高域を少し抑え、低域をアップするのが特徴です

オープンシリーズ価格

結論から言いますとオープンシリーズは

オープン価格

です

オープンプライス (open price) とは、販売する商品に対してメーカー側が希望小売価格を具体的に定めていないものである。家電製品カメラなどの耐久消費財に多く導入されており、小売店の店頭では、実際販売価格(売価)だけが表示され、「ズバリ○円」という形で表示されていることが多い

引用:wikipedia

 

そうなんです、オープンシリーズはメーカー希望小売価格が設定されていないので販売店によって値段が変わります

大体どこのお店もほかのメーカーの補聴器の値段に寄せています

 

私が耳にした1番高い値段は両耳140万円のお店もあるとかないとか・・・

オーティコンまとめ

オーティコンは私の販売している感想としては、

「すごくいいという方」「うるさすぎる」

という方に二極化する傾向があります

今までの補聴器とは一味も二味も違った特徴を持つオーティコンのオープンシリーズ

一度お店でお試ししてはいかがでしょう?

ABOUT ME
イス
補聴器営業マンをしています、イスと申します 補聴器のことをもっともっと皆さんに知ってもらい、ズバらしい補聴器ライフを 当ブログを通じて補聴器をもっと身近にし、聞こえのお手伝いを
こちらの記事もおすすめ!