上手く使う

初心者でも失敗しない!補聴器を使いこなすための練習方法は簡単だった!

皆様こんにちは、補聴器営業マンのイスです。

私のお友達が、両耳30万の補聴器買ったけど今は使っていないらしいのよ

などのお話しを聞くことがあります

このようにおっしゃる方の多くは、補聴器の事を正しく理解していない人が多いです

今回のお話は、補聴器の事を今より少しだけ知ってもらいさらに補聴器を使いこなすために練習方法も一緒にお話しします

補聴器の練習方法も全然難しくありません。補聴器の事を知ってもらえれば誰でもできます!

この記事を読んでほしい人
  • これから補聴器を購入予定だけど使いこなせるか不安な人
  • すでに補聴器を購入したけどいまいちうまく使えていない人
  • 家族が補聴器を付けているけどなかなか使ってくれない人

すでにタンスの肥やしにしちゃってるよという方もあきらてはダメです!タンスにある補聴器をもう1度使ってみませんか?補聴器再挑戦!の記事で補聴器に再挑戦する方法を簡単に書いていますので合わせてご覧ください!

補聴器はうるさい?

補聴器はうるさいです!

やっぱりうるさいんですね・・・
イス君
イス君
補聴器の着けはじめはやはりうるさく感じます。そのように感じるのは初めだけです!

聞こえが下がってくると、だんだん周りの音が聞こえずらくなってきます。今まで聞きにくかったり、聞こえなかった音が聞こえるようになるので、初めはうるさいっと感じます。

特に買い物などでショッピングセンターなどに行ったときや、病院での子供の泣き声や看護師の方が呼ぶ声など、大きく聞こえます

自分の聞きたい声や音だけを大きくしてくれる補聴器はありません。自分の声も、人の声も、周りでなっている音は全部大きくします。

周りの音を全部大きくするので、自分に必要ない音は体は「雑音」として認識します

雑音として体が認識した音の正体は「生活音」なのです

補聴器から意図的に音が出ているわけではありません。もし補聴器自体から音が出ていたら故障の可能性があります

人間は自分の知らない音や聞き慣れない音が聴こえると不快に感じます

イス君
イス君
テレビの音が聞こえていても寝れますが、工事の音が聞こえると眠れないですよね?

補聴器は値段によって「雑音」を抑える強さが変わってきます。ですがいくら1番高い補聴器でも「雑音」を全く聞こえないようにすることは出来ません。

補聴器って値段が違うと何が違うの?の記事で補聴器の雑音抑制の違いについて書いていますので合わせてご覧ください

じゃあ、補聴器はうるさいままなの?
イス君
イス君
そんなことはありません!

脳を変えて「補聴器に慣れる」

イス君
イス君
補聴器をしていない家族の方が、買い物などに行ったとき耳栓ってしませんよね?
そりゃそうだよ!当たり前ですよ!
イス君
イス君
でも補聴器をして買い物などに行くと、うるさく感じますよね?
確かに!なぜですか?
イス君
イス君
なぜかというと、耳からはショッピングセンターで流れている「雑音」は聞こえているのですが、脳が聞こえないようにしてくれているのです。

簡単に言いますと、聞こえているけど気にならないように脳が判断してくれているのです。

そう!「脳」です。

補聴器をつけるまで、音が聞こえにくい状態が続くと「脳」は聞こえにくい状態が正常な状態だと思ってしまいます。

聴こえにくい状態の耳に補聴器をつけると、周りのいろんな音が大きくなって聞こえるので脳は「うるさい」と感じてしまいます。

要点まとめ
  • 周りの音をうるさく感じるかは「脳」が関係している
  • 聞こえにくい状態が続くと「聞こえにくい状態が正常な状態」と認識してしまう

 

補聴器を使いこなすためには
「聞こえにくい状態」→「聞こえている状態」
脳を書き換えていくことがとても大事なんです

補聴器を使いこなすための練習方法!

補聴器の練習方法は基本的には音を聞くことなんです

なかなかうるさい場所でつけるのは大変です・・・
イス君
イス君
初めは「家の中や静な場所」でつけてください

音を聞くといってもいきなり大きな音を聞くと体がびっくりしてしまうので順番があります

補聴器練習方法
  1. 初めは家の中の生活音を聞く・・・約1週間
  2. 次に散歩などで外の生活音を聞く・・・約2週間
  3. デパートなどですこし大きな生活音を聞く・・・約2週間

補聴器を使いこなすための初めの1週間

家の中で、本や新聞などを声に出して読んでみたり、食器を洗う音やエアコンの音などの「家の生活音」を積極的に聞いてみて下さい

いろんな生活音を聞くことで、エアコンの音や足音などがこ「生活音」だと言うことを脳に認識させてあげてください。

一日どれくらいつけるのがいいの?
イス君
イス君
理想の補聴器装用時間は「起きている間は常に」です

「昨日1日8時間つけたから、今日はつけるのをやめよう」
やめて下さい!

人間の脳は忘れます!

「昨日は8時間つけたから、今日は4時間だけにしよう」

OKです!

「昨日は10時間くらいつけたから今日はつけなくてもいっか」

ダメです!

補聴器を使いこなすための次の2週間

買い物や散歩などの外の生活音を聞く

外は家の中とは違い、いろんな音が聞こえています。車の走る音、風の音、犬の鳴き声などさまざまです。

幹線道路などに行くと車通りも多いので、しっかり音が聞こえます。風の音なんかも聞こえると思います

補聴器を使いこなすための最後の2週間

デパートなどで少し大きな生活音を聞く

自分の興味のあるところにでかけてみるのもいいと思います。映画館やデパートなどではまた違った音が聞こえてきます。

デパートなどは少し大きな音が鳴っていますので、心の準備をお忘れなく!

補聴器練習法まとめ

外でもつけるのが慣れてこればもうこっちのものです!

後は少しづつ装用時間を伸ばしていきゆっくりと「脳」を書き換えていくだけです。

補聴器は本当に慣れるのがとても大事です!

慣れる時間も人それぞれ違います。

私の経験だと早い人でも1ヶ月長い人だと2,3年かかる人もいます。

初めて補聴器をつけてうるさいからつけないではなくて、お店の人に何度も調整をしてもらいながら補聴器に慣れていくことが大切です。

補聴器は買ったけどすでにタンスの中に・・・という人もタンスにある補聴器をもう1度使ってみませんか?補聴器再挑戦!を読んで再挑戦してみませんか?

スポンサーリンク




まとめ

補聴器は慣れることがとても大事です。ですが補聴器はうるさいので慣れるまではこのままです!というわけではありません。

皆様が補聴器の音に慣れて頂くために、我々販売店は皆様がなるべく不快に感じないように調整します。

同じ聴力でも人によって聴こえの感じ方は違います。高音が響く方もいれば、低音が響く方もいます。

その人その人に合わせて調整できるのが補聴器ですので、何度も何度も調整致します。

補聴器は、1回の調整でこれでもうOKという人はほとんどいません!
初めてつけたときは「うるさい」「やかましい」と思うのは当然です!

なぜなら音を大きくしているから!

それを調整と皆様の聴こえのリハビリで、補聴器を

「ないよりマシ」
ではなく
「ないとダメ」
な補聴器に変えていきましょう!

さいごまで読んで頂きありがとうございました

ABOUT ME
イス
補聴器営業マンをしています、イスと申します 補聴器のことをもっともっと皆さんに知ってもらい、ズバらしい補聴器ライフを 当ブログを通じて補聴器をもっと身近にし、聞こえのお手伝いを
こちらの記事もおすすめ!