メリット・デメリット

これだけ知っておけばOK!充電式補聴器のメリット・デメリット

今回は、充電式補聴器のメリット・デメリットをまとめてみました

以前意外と簡単!補聴器の電池の種類と電池交換方法を写真付きで解説記事で補聴器は電池で動いていると書きました

意外と簡単!補聴器の電池の種類と電池交換方法を写真付きで解説皆様こんにちは、補聴器営業マンのイス(@isu_usi_isu)です。 補聴器は電池で動いています。 それも補聴器専...

今回お話しする充電式補聴器はその名の通り充電して使う補聴器です。

電池交換の細かい作業はありません!電池代もかかりません!充電する電気代はかかってしまいます!

充電式補聴器は良いことばかり!と思うかもしれませんが、デメリットもあります。

今回は充電式補聴器のメリット・デメリットをちゃんと理解していきましょう!

この記事の内容
  • 充電式補聴器のメリット・デメリット
  • デメリットの対策方法
  • 充電式補聴器の紹介

 

充電式補聴器のメリット

  • 細かい電池交換の手間がない
  • 電池を買いに行く必要がない
  • 電池代がかからない
  • 交換した電池の処理がない

それでは1つずつご説明します

細かい電池交換の手間がない

補聴器は耳の上にかけて使う「耳かけ型」、耳の中に入れて使う「耳穴型」
どちらもとても小さい物です

補聴器をお使いになる方で一番多いのが高齢者の方。
お年が大きくなると、目が見えにくくなったり、手先が思うように動かなかったり・・・
視界がぼやけてり手先が思うように動かない状態での、補聴器の電池交換はかなり難しいです。

その電池交換の手間をなくしたのが充電式補聴器です

充電式補聴器であれば、充電器にセットさえできれば充電されるので、小さな電池の交換の必要がありません。

充電方法も携帯電話のようにコードを補聴器にさすのではなく、置き方充電器に補聴器をポッと置くだけで充電が開始されます

簡単でしょ?

電池を買いに行く必要がない

補聴器は電池で動いていますので、家に電池のストックをおいて置かないといけません。
ストックの電池が無くなりそうにあると買いに行かないといけません。

買いに行く交通手段ががない方、膝などが痛くて外出が大変だったり・・・
お一人での出かけるのが難しい方もいらっしゃいます

充電式補聴器は電池交換がありませんので、電池を買いに行く必要がありません。

普段当たり前のように車に乗って出かけているとわからないですが、少しの手間がなくなるのはとても大きなことです

電池代がかからない

これは皆さんがすぐ思いつくことだとおもいます。

電池代がかかりません。

これに関しては多くを語らなくてもご理解いただけると思います

交換した電池の処理がない

電池の捨て方って、住んでいる自治体で違ったりして案外めんどうですよね?

電池の処理のために少し離れたゴミ捨て場までいかないといけないなんてことも・・・

充電式補聴器であれば電池交換がないので、使い終わった電池の処理がありません。

4つのメリットの共通点

4つのメリットをお話ししましたが、どれにも共通して言えるのが

「面倒なひと手間が減る」
この面倒な一手間が減るってすごい大きなことですよね!

充電式補聴器はこの面倒な一手間を解消してくれます!

充電式補聴器のデメリット

メリットもあればデメリットもあります

  • 内蔵されている充電池も劣化していく
  • 充電を忘れると使えない

内蔵されている充電池も劣化していく

充電式補聴器は毎日充電すると「充電池」が劣化してしまいます

携帯電話の充電が何年か使った後で、充電の持ちが悪くなってくるのと同じように、

補聴器の充電池もすこしずつ充電の持ちが悪くなってきます。

補聴器の充電の持ちが「ん?前より持ちがわるいな~」と感じたら一度補聴器販売店にご相談を!

充電し忘れると使えない

充電式以外の補聴器は電池がなくなれば新品の電池と交換して使います。

充電式補聴器はその名の通り充電してつかいます。

なので、夜寝る時にうっかり補聴器専用充電器にセットするのを忘れてしまいますと、次の日に電源が入らず使えません。

充電式補聴器は毎日必ず充電して頂く必要があります

充電式補聴器デメリット対策方法

先程お話した充電式補聴器のデメリットの対策方法のご紹介です

  • 内蔵されている充電池も劣化していく
  • 充電を忘れると使えない

充電式補聴器デメリット対策その1:内蔵電池の劣化の対策法

以前補聴器にも寿命はあるの?補聴器にも修理保証はあるの?結論どちらもあります!の記事で補聴器には寿命があるとお話しました

補聴器にも寿命はあるの?補聴器にも修理保証はあるの?結論どちらもあります!皆様こんにちは、補聴器営業マンのイス(@isu_usi_isu)です。 補聴器って修理できるの? ...

その劣化を止めることはできません。

充電式補聴器の充電池自体にも寿命はあります。その寿命が約3年です

充電池の寿命が来たらどうするの?
イス君
イス君
充電池も修理・交換可能です。

補聴器には無償で修理してもらえる「修理保証」の期間が2年です。

修理保証の間に充電池の修理(交換)をすれば無償で交換可能になります

修理保証の切れる時期をしっかり確認しておいて下さい。修理保証が切れると充電池交換もお金がかかります
販売店によりますが、保証が切れそうな時期にお知らせしてくれる所としてくれない所があります。確実なのはご自分で修理保証が切れる時期を把握しておくのが大切です。

充電式補聴器デメリット対策その2:充電し忘れた時の対策法

充電式補聴器は充電が切れると使うことができません。

なので「充電をし忘れても、補聴器を使えるようにする!」という対策方法はありません。

充電し忘れたときの対策方法は2つあります!

1つ目は「急速充電」です

充電式補聴器の1つに急速充電している補聴器があります

お出かけする30分前に充電器にセットしていただければ、30分の充電で約7時間程使えるように急速充電してくれます。

30分の充電で7時間使用出来ますので、お出かけしている間は十分使えるかと思います。

2つ目はハイブリット充電式補聴器です

充電式補聴器には空気電池も使用できる「ハイブリット充電式」があります

ハイブリット充電式補聴器は基本的には充電池を使用しますが、万が一充電し忘れてしまったりしたときの為に空気電池も使用することができます

充電池と空気電池の両方を使えるので充電し忘れも安心です

ハイブリット充電式補聴器>>>Z(ゼット)パワー

最新の充電式補聴器の紹介

シグニアとワイデックスの2社の充電式補聴器のご紹介を致します。

シグニア「Cellion」

 

Cellion(セリオン)

メーカーシグニア   >>シグニアHP
補聴器名Cellion(セリオン)
価格223200円~(片耳)
充電システム非接触充電
充電時間3時間で満充電 30分の充電で7時間使用可能

 

セリオンの特徴は『非接触充電』です。

非接触充電とは昔の充電のように充電用の端子と端子をはめ込むタイプではなく、専用の充電器に置くだけです!

言葉の通り「置く」だけです!

非接触充電の良いところは、充電用の端子がありませんので、そこから錆びることがありません。サビは補聴器の大敵です!

補聴器本体に落下防止のコードなどがついていると焼き切れてしまいますので、充電するときは必ず外して下さい!

 

ワイデックス「BEYOND Z」

 

BEYOND Z(ビヨンドゼット)

メーカーWIDEX(ワイデックス)  WIDEXHP
補聴器名BEYOND(ビヨンド)
価格197200円~(片耳)
充電システムハイブリット充電 充電池と空気電池のどちらも使用可能
充電時間8時間で満充電

 

ビヨンドゼットの特徴はハイブリットです。

ハイブリットと聞いてすぐ思いつくのは車ですよね。
ハイブリット車は「電気」と「ガソリン」のハイブリットで走行します。

補聴器のハイブリットは「従来の空気電池」と「充電池」のハイブリットです。

使い方はビヨンドゼットの電池ケースに充電池を入れて、充電器にセットするだけ!

寝る前に充電して8時間で24時間使用可能となっています。

万が一寝る前に充電し忘れてしまっても、従来の空気電池も使えます!

充電するときは補聴器の中には「充電池」をいれて充電器にセットして下さい。従来の電池をいれてセットしてまうと、充電は出来ません。
それに補聴器の故障の原因にもなりますので、必ず充電池をいれて充電器にセットして下さい。

 

充電式補聴器の1番の欠点は「充電し忘れると使えない」です。

しっかりと充電式補聴器の特徴を理解して、今後の補聴器選びにお役立て下さい。

ABOUT ME
イス
補聴器営業マンをしています、イスと申します 補聴器のことをもっともっと皆さんに知ってもらい、ズバらしい補聴器ライフを 当ブログを通じて補聴器をもっと身近にし、聞こえのお手伝いを
こちらの記事もおすすめ!