耳鳴り

耳鳴り外来を担当して感じること

皆様こんにちは、補聴器営業マンのイスです

私は某病院で「耳鳴り外来」を担当しています

耳鳴り外来とは「耳鳴り」専門の外来で、その治療法の一つとして補聴器があります

補聴器の担当調整しているのがこの私、イスです

数年「耳鳴り外来」を担当していて、率直に感じることを今回はお話します

この記事の目次(タップして読みたいところへ)

病は気から

皆さんご存知のことわざ

「病は気から」

どんなにタフな人でも心配事があると病気になってしまうということわざですね(間違ってたらすいません。。。)

耳鳴りの記事でも書きましたが、

耳鳴りがしているから何か病気になることはありません!

重要なことなのでもう一度!

耳鳴りがしているから何か病気になることはありません!

耳鳴り外来に初めて来られる方は

「耳鳴りがしていると何か病気のサインなのではないか?」

と思われている方がおおいです

そのような思い込みがあると、耳鳴りがどうしても気になってしまいます

耳鳴りを気にしないでくださいはなかなか難しいです

気にしないということが難しいのは私もわかっています

ですが気にしすぎると、せっかく耳鳴り外来に来ているのに効果が出るのが遅くなってしまいます

 

「耳鳴りは何か病気の前兆ではない」

この事実を聞くとそれだけで耳鳴りが気にならなくなったという方もいます

実際に私の担当している耳鳴り外来でもいらっしゃいました

初めのカウンセリングで耳鳴りとはなんなのかということを理解したらお帰りになられた方もいます

私はこの時思いました

「病は気から」

 

 

 

継続は力なり

こちらも皆さんご存知のことわざの

「継続は力なり」

個々の成果は微々たるものであっても、地道に成果を積み重ねていけば、やがて大きな事業を達成できる。
WEBLIO辞書参照

これは耳鳴りだけに限らず、補聴器装用にも関係あります

耳鳴りは「脳」を変えて耳鳴りを治療します

耳鳴りの治療は1か月や2か月ではなかなか効果は出にくいです

早い人だと1か月くらいで効果が出てくることもあります

ですがほとんどの方が半年近くかかります

 

毎日毎日の耳鳴りの変化は少ないかもしれません

1年後、2年後のとなったときに耳鳴りが初めのころと比べるとかなり変わっているかもしれません

実際に耳鳴りが消えて、補聴器をつけていない方もいらっしゃいます

その方でも2年くらいはかかりました
(難聴がないので耳鳴りが消えれば補聴器が外れた)

補聴器が外れるには難聴がないのが前提ですが、実際に外れた方もいます

外れた方はやはり毎日毎日補聴器をして、「耳鳴りを治療する」ということを継続してくださいました

継続するというのはとても大変で難しいことです

ダイエットも継続は力なりとよく言います!(私はなかなか継続は・・・)

耳鳴り外来にきて補聴器を装用して「本当に効果があるのかな?」と思う方はおおいです

ですが続けてください!

 

初めは大変です!

 

耳に何か異物がつくいうことはなかなか慣れるものではありません

耳の中がきになって1日の中で何度も外してしまうという方もいます

そういう時は補聴器を外して少し休憩してまたつけるという使い方でも構いません

これは私が補聴器外来を担当して経験して強く願います

私も仕事が終わり、アパートに帰るとたまに耳鳴りがします

耳鳴り外来にいらっしゃる方はこの音が始終なってると思うと何とかしてあげたいの気持ちになります

なので毎日補聴器をつけてください

耳鳴りが気にならない時でもつけてください!

「継続は力なり」です

スポンサーリンク



まとめ

皆さんいかがでしたか?

今回お話したことはホントに大切です!

耳鳴り治療に補聴器を使うということはこの2つが本当に大切です

補聴器の機能などよりも大切です

いくら良い機械をつけてもタンスにしまっていたら意味はありません

耳鳴り外来の担当して思うことという題ですが「お願い」ですね

皆さんの耳鳴りが少しでも和らぐことを願っています

ABOUT ME
イス
補聴器営業マンをしています、イスと申します 補聴器のことをもっともっと皆さんに知ってもらい、ズバらしい補聴器ライフを 当ブログを通じて補聴器をもっと身近にし、聞こえのお手伝いを