補聴器形状

補聴器の種類「耳掛け」「耳穴」「箱型」のメリット・デメリット

皆様こんにちは、補聴器営業マンのイス(@isu_usi_isu)です。

今回は「補聴器の形のメリット・デメリット」をまとめましたので解説していきます

大きく分けて補聴器の形は

  • 「耳掛け型補聴器」
  • 「耳穴型補聴器」
  • 「箱型(ポケット型)補聴器」

3タイプがあります

【まとめ】耳掛け型の種類は3つ!皆様こんにちは、補聴器営業マンのイス(@isu_usi_isu)です。 今回は以前お話しした補聴器の形の1つ、 耳掛け型補聴器 ...
【まとめ】耳穴型補聴器の種類は3つ!皆様こんにちは、補聴器営業マンのイスです。 前回「耳かけ型補聴器」について書きましたので、今日は補聴器の形の一つ 『耳穴型』...

3タイプとも音を大きくするという大前提は同じなのですが、型によって違う部分もあります。

この記事の内容
  • 耳掛け型のメリット・デメリット
  • 耳穴型のメリット・デメリット
  • 箱型のメリット・デメリット

耳掛け型補聴器

耳掛け型はその名の通り耳にかけて使うタイプになります。

 

 

耳掛け型補聴器の特徴

民掛け型補聴器の特徴は

  • 軽度~重度まで幅広い聴力に対応
  • カラーバリエーション豊富

 

軽度~重度まで幅広い聴力に対応

聴こえの具合が軽い方から重い方まで幅広く対応しており、最近では補聴器の小型化が進んでおりとても小さいものでも大きな音が出るものもあります。

補聴器は大きな音を出せる補聴器は基本はサイズが大きくなってしまうのが難点でした。
最近では1円玉と同じ重さの耳掛け式補聴器など小型のタイプもたくさん出てきています。

 

カラーバリエーション豊富

補聴器をオシャレの一部として使いたい方には選べるカラーも赤や青などの色も充実しています。

最近ではとある補聴器専門店様がデコ補聴器というモノを作ってるというのも聞いたことがあります(私はできません・・・)

耳掛け型メリット・デメリット

耳掛け型のメリット・デメリットは

耳掛け型メリット
  • ハウリングが起きにくい
  • 幅広い聴力幅
  • 電池交換しやすい
  • ボリューム操作などアクセサリーなしでできる
  • 耳垢が多い方でも装用可能
耳掛け型デメリット
  • 電話がやりにくい
  • 汗をかいたときに汗の影響を受けやすい
  • マスク・メガネをしたときに邪魔になる

耳掛けメリット解説

耳掛け型補聴器のメリットを一つずつ解説していきます

ハウリングが起きにくい

耳掛け型はマイクとレシーバーの位置が離れているのでハウリングがしにくいです

補聴器使用中「ピー」と音が!ハウリングを止める4つの方法皆様こんにちは、補聴器営業マンのイスです 補聴器を使ってらっしゃる方なら一度は経験したことがある 「ピー」という音 こ...

 

幅広い聴力幅

先ほど特徴のところでもお話しましたが、耳掛け型は軽度難聴の方から重度難聴の方まで幅広く対応しているので多くの方に補聴器を使用していただけます

電池交換しやすい

耳掛け型は補聴器の耳穴型よりも電池交換しやすいです

意外と簡単!補聴器の電池の種類と電池交換方法を写真付きで解説皆様こんにちは、補聴器営業マンのイス(@isu_usi_isu)です。 補聴器は電池で動いています。 それも補聴器専...

 

ボリューム操作などアクセサリーなしでできる

補聴器はある程度自分でも音量など調節できます。耳穴型だとリモコンが必要ですが耳掛け型であれば、ボリュームスイッチなどがついているのでリモコンなしで操作可能です

耳垢が多い方も装用可能

人間だと誰しも耳の中に耳垢があります。耳垢の量はひとそれぞれですのでその量が多い人でも耳掛け型であれば気にすることば装用することが可能です

耳垢が耳に詰まる!「耳垢栓塞」にならないための耳垢を知る!突然ですが皆さん 「耳垢栓塞(じこうせんそく)」 という言葉を聞いたことありますか? 「耳(みみ)」「垢(あか)」「栓...

耳掛け型デメリット解説

続いて耳掛け型補聴器のデメリットを一つずつ解説していきます

電話がやりにくい

耳掛け型補聴器は電話をするときに少しコツがいります。
ですが補聴器を装用しながら固定電話や携帯電話を上手に使う方法は簡単です!で補聴器を装用しながらの電話のやり方を画像付きで解説していますので一緒にご覧ください

補聴器を装用しながら固定電話や携帯電話を上手に使う方法は簡単です!「補聴器しながら電話はできるの?」 このようなお言葉をよくお聞きしますので今日は補聴器をしながら固定電話をうまく聞き取るやり方のお...

汗をかいたときの影響を受けやすい

耳掛け型補聴器は耳の上に本体がきます。耳の上は汗をかいたときに頭の汗が垂れてきて補聴器についてしまいます
耳穴型補聴器よりも汗の影響を受けやすいです

こちらも対策があります
【保存版】自宅でできる簡単補聴器メンテナンス(使用道具は全部市販品)の記事で自宅でできる簡単メンテンナンスを解説していますので合わせてご覧ください

【保存版】自宅でできる簡単補聴器メンテナンス(使用道具は全部市販品)みなさんこんにちは、現役認定補聴器技能者のイス(@isu_usi_isu)です 前回私はやることはたった2つ!自宅でやってほしい補...

マスクやメガネの着用したときにジャマになる

マスクやメガネを着用し、さらに補聴器も装用となるとどうしても耳がキャパオーバーになってしまい、補聴器が落下したりするときもあります
耳掛け型の補聴器も最近ではかなり小さくなってきましたが、それでも邪魔になってしまいます

ジャマにならないようにする対策はないのですが、落下を防止する対策はあります

補聴器の落下防止!補聴器サスペンダークリップとは?の記事で落下防止対策について書いていますので合わせてご覧ください

補聴器の落下防止!補聴器サスペンダークリップとは?今日は「補聴器アクセサリー(パーツ編)」をまとめましたのでご紹介します 以前補聴器アクセサリーの機械編の記事を書きました h...

耳穴型補聴器

耳穴型補聴器は耳の穴に入れて使用する補聴器です

耳穴型補聴器の特徴

耳穴型補聴器の大きな特徴は

  • 目立ちにくい!
  • 完全オーダーメイド
  • 耳かけより少し高い

です

目立ちにくい

耳穴型補聴器は耳の穴の中にすっぽり入れて使用するので、目立ちにくくなります

完全オーダーメイド

耳穴型補聴器は装用者の耳のカタチをとって作るので

「完全オーダーメイド」です

耳掛け型補聴器よりも高い

耳掛けよりも値段が平均して約2万円高くなっています。

理由は完全オーダーメイドだからなんです

耳穴型補聴器メリット・デメリット

耳穴型補聴器メリット
  • 慣れれば装着楽
  • 目立ちにくい
  • 電話が簡単にできる
耳穴型補聴器デメリット
  • 取り扱いにくい
  • 初めての方は自分の声がこもりやすい
  • レシーバー故障しやすい

耳穴型補聴器メリット解説

耳穴型補聴器のメリットを一つずつ解説していきます

慣れれば装着が楽

耳掛け型補聴器は長年使っている方でも、両手を使わないと装着できない人が多いです

耳穴型補聴器は初めのころはつけにくいですが、慣れてくると片手でポンッとはめる方がほとんどです

目立ちにくい

特徴のところでもお話ししましたが、耳穴型補聴器は耳の穴の中にすっぽりと入ります

なので耳掛け型補聴器よりは目立ちにくいです

電話が簡単にできる

耳穴型補聴器は耳掛け型補聴器とは違い電話をするときは、今まで通りに耳に電話を当ててもらえば相手の声が聴こえ電話ができます

補聴器を装用しながら固定電話や携帯電話を上手に使う方法は簡単です!「補聴器しながら電話はできるの?」 このようなお言葉をよくお聞きしますので今日は補聴器をしながら固定電話をうまく聞き取るやり方のお...

耳穴型補聴器デメリット解説

耳穴型補聴器のデメリットを解説していきます

取り扱いがしにくい(電池交換など)

耳穴型補聴器は小さく目立ちにくいですが、その分電池交換などがやりにくいです

ですが初めは難しいという方でも1ヶ月もしないうちに、何の問題もなく電池交換していらっしゃいます

意外と簡単!補聴器の電池の種類と電池交換方法を写真付きで解説皆様こんにちは、補聴器営業マンのイス(@isu_usi_isu)です。 補聴器は電池で動いています。 それも補聴器専...

初めての方は自分の声がこもる

耳穴型補聴器は装用者の方の耳の穴の形にピッタリ合わせて作ります

耳の穴にピッタリ合わせると、自分の声がこもり違和感を感じてしまいます

最近の補聴器は自声のこもりへの機能も搭載されている補聴器があります
シバントスの「Nxシリーズ」のOVPという機能が「自分の声の違和感を軽減」してくれる機能です

メーカー別補聴器紹介「シバントス」皆様こんにちは、補聴器営業マンのイス(@isu_usi_isu)です 今回はドイツの補聴器メーカー「シバントス」のご紹介です ...

レシーバが故障しやすい

耳穴型補聴器のレシーバーは一番耳垢の影響を受けやすい位置にあります

なので定期的なメンテナンスが必要です
購入された補聴器販売店に行かれるのが一番いいですが、

お店に行くのはちょっとめんどくさい・・・という方は
【保存版】自宅でできる簡単補聴器メンテナンス(使用道具は全部市販品)の記事を読んでご自分でメンテナンスしてみてください

【保存版】自宅でできる簡単補聴器メンテナンス(使用道具は全部市販品)みなさんこんにちは、現役認定補聴器技能者のイス(@isu_usi_isu)です 前回私はやることはたった2つ!自宅でやってほしい補...

箱型(ポケット型)補聴器

箱型(ポケット型)の見た目はイヤホン付き携帯ラジオのような形をしています

本体となる部分からイヤホンコードが出ておりその先にレシーバーと言われる音を出す部分がついています

箱型(ポケット型)補聴器の特徴

箱型の特徴は

  • 耳掛け型、耳穴型よりも値段が安い

耳掛け型、耳穴型よりも値段が安い

耳掛け型や耳穴型補聴器は値段を抑えても10万円くらいはします

それに対して箱型(ポケット型)補聴器は4万円くらいとかなりお手頃になっています

箱型(ポケット型)補聴器のメリット・デメリット

箱型(ポケット型)メリット
  • 取り扱いが楽で電池交換もやりやすい
  • 寝たきりの人でも装用しやすい
  • 壊れにくい
箱型(ポケット型)デメリット
  • 音が悪い
  • 服をこすれる音が気になる

箱型(ポケット型)補聴器メリット

箱型(ポケット型)補聴器のメリットを解説します

取り扱いと電池交換が楽

箱型補聴器は耳掛け型や耳穴型と違い、電池が乾電池です

乾電池なので電池交換がとても簡単です

取り扱いに関しても電源スイッチがついているのでとても簡単です

 

寝たきりの人でも装用しやすい

箱型(ポケット型)補聴器はマイクとレシーバーがコードで離れているので、ハウリングが起きにくいので寝たきりの方でも装用しやすいです

壊れにくい

箱型(ポケット型)補聴器は見た目以上に壊れにくいです

さらにもし壊れたとしても、修理の対応がとてもはやいです

箱型(ポケット型)デメリット

箱型(ポケット型)補聴器のデメリットを解説していきます

音が悪い

箱型(ポケット型)補聴器は耳掛け型補聴器や耳穴型補聴器よりは値段がかなり安いので、ほかの補聴器の種類よりは音がどうしても悪くなってしまいます

服がこすれる音が気になる

箱型(ポケット型)補聴器はマイクのある本体を首からぶら下げたり、服のポケットに入れて使います

その時に服と本体がこすれる音「カサッカサッ」が気になってしまいます

 

補聴器の種類「耳掛け」「耳穴」「箱型」のメリット・デメリットまとめ

「耳掛け型」「耳穴型」「箱型(ポケット型)」それぞれにメリット・デメリットがあります

自分にはどの型が合うのかしっかり理解してから購入してください

まずはお近くの補聴器販売店で試聴・レンタルしてください

おススメは認定補聴器販売店です

補聴器はどこで買える?補聴器店選びで重要なのは4つ!皆様こんにちは、補聴器営業マンのイスです 皆様補聴器を試したい、購入したいと思ったとき、補聴器にあまり馴染みのない方ですと ...
ABOUT ME
イス
補聴器営業マンをしています、イスと申します 補聴器のことをもっともっと皆さんに知ってもらい、ズバらしい補聴器ライフを 当ブログを通じて補聴器をもっと身近にし、聞こえのお手伝いを